Nike Dunk Low Pro SB Supreme

Nike

Nike Dunk Low Pro SB Supreme

2002年9月に発売された「Nike Dunk Low Pro SB Supreme
当時、Nike SBの人気が急激に高まっていた頃で、Air Jordan3からエレファント柄を採用し、スケーターとスニーカーヘッズに大きな衝撃を与えました。スケートラインとして発売された1足でしたが、もちろん日本人でスケート用に使用する者はおらず、NikeSBナショナルライダーのBrian Anderson (ブライアン・アンダーソン)、Omar Salazar (オマー・サラザー)、Wieger Van Wageningen(ウィガー・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)などはビデオパートでこの靴を使用してスケートをする映像が残されています。Supremeの店舗も日本では東京(代官山)、大阪、福岡の3店舗しかなく、流出数もかなり少ない一足です。2019年時点で、デットストックもほとんど見かけず、20万円〜25万円程度で流通しています。

コメント

  1. […] この靴の詳細はこちらをClick‼︎ […]