adidas Stan Smith

adidas

adidas Stan Smith

街を歩けば1日10足以上出くわす、世界で最も一番売れたスニーカー「Stan Smith」
今回は「Stan Smith」について書いてみます。

  • Stan Smithの誕生
    フランスのテニスプレイヤーロバートハイレット(Robert Haillet)が1963年全仏大会にて活躍した。その活躍から期待して発売したのがスタンスミスの原型となったハイレットである。その後、そのスニーカーを愛用し、活躍したのがスタンレー・ロジャー・スミス(Stanley Roger Smith)である。ことからアディダスがスニーカー名を現在の「スタンスミス」に改名して発売した。

    1946年にアメリカのカリフォルニア州に生まれたアメリカを代表するプロテニス選手。シングルス、ダブルス問わず優秀な戦績を残し、約10年間の選手生活で通算100勝を挙げ、様々な大会で記録を残したことで1987年に国際テニス殿堂入りまで果たしている偉大な人物。また、彼は有名なテニスコーチとしても名が知られており、テニスを語る上でも外すことは出来ない存在である。

  • Stan Smithの特徴
    Stan Smithの登場前まではテニスシューズはキャンパスが一般的であったが、Stan Smithはアッパーにガラスレザーを使用し、強い光沢感があり、当時からハイテクシューズとして注目されていた。モデル自体のディテールは初期モデルとの大きく変わりはなく、サイドに通常ストライプではなく3本の空気穴を持ちいてストライプを表現している。基本的にはカラーは白がベースとなっており、最もポピュラーな白×緑のカラーは芝生をイメージして配色されている。これは、60年代70年代のテニスウェアは白が基調とされていた背景が強くモデルにもでている。時代によって生産国が異なるスタンスミスですが、やはりマニアの間で人気が高いのは初期生産のフランス製が人気であり、現行モデルよりも少し細めに作成されている。世界で最も販売されたスタンスミスであるが、実際はコンバースオールスターの方が売れているかもしれない。

コメント